読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大好きなひとがもっと輝くために。

『楽しくて仕方ないから辞められない』

ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016  1/3夜 完全レポート&感想

ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7

 


あけましておめでとうございます。行って参りました。ラッキィィィィィィィ7コン!!私的1/3夜が初回となりました。JUMPくんのカウコンで大阪に2泊3日滞在し、北海道に帰ってきて仕事をし(年末年始関係ない365日24時間営業のお仕事なので)、また3日に大阪というおばさんにとってはかなりハードのスケジュールでした。でもそれ以上に楽しかったです!!


全3公演しか入らない私的貴重なラッキィィィィィィィ7なので、しっかり振り返りたいまとめたいと思いまして、完全レポートを書き残してみました。至らないところともあると思いますが、温かく読んでいただけると嬉しいです。


個人的感想も多いです。






 

【ラッキースペシャル】
メインから登場。パチスロの映像から流れ出てくるWEST!金基調の衣装。淳太くんの王冠が奇抜。
間奏で桐山煽り→「へい大阪―っ!声出せんのかー!盛り上がれんのか~!・・・最高だなぁ。」
君に~ありったけラッキ…『を届けたいでしょー!!!!!!』強めの濱ちゃん((笑))

 

 

【ええじゃないか】
淳太くん『みんなもご一緒に~!!!

\  ええじゃないかー!!! /


間奏は淳太くんの『ラッキーセブンWEST!今日は最後まで楽しんじゃてくださーい!』
メイン→センステへ移動。
これが生きざま、やねんのところからは「今日は楽しも、うぜ~!」「大阪盛り上がるぞ~!」
重岡の一言は「今や~~~~~~!!!!」((笑))

 

 

【バンバン!】
外周回る。曲終わりにバンバンBGMに最初の挨拶!

 


 

流星「みなさんどうもー!藤井流星でーす!元気ですかー!みんなまだまだ足りないです、元気ですかー!いいですねぇー。初日ですよ、ツアー初日!もっと僕ら以上にもっと盛り上がっていきましょう!最後までよろしくっ!」




小瀧「(センステ中央にくるが喋らず棒立ち。)」


淳太「小瀧くん喋っちゃってよ!」

重岡「おねがいしまーす。」

桐山「小瀧さんの声が聞きたいよ~?」





小瀧「小瀧望でーす!(いぇーい!)…聞こえねぇなー。小瀧望でーす!!いいっすねぇ、大阪盛り上がってますね!今日はね、お正月そうそうほんまに足を運ばせていただいて(←日本語おかしい小瀧かわいい)ありがとうございます。来てくれたからには精一杯楽しますんで、えー今日は最高の日にしましょう……じゃ!!!!ね!!!」


メンバー小瀧のじゃ!ね!に笑う(笑)

 

桐山「友達かっ」中間「カップルか(ぼそ)」

 

 



神山「どうも、神山智洋でーす!上の方調子はどうだっ!(淳太「あれ…」桐山「あらし…?」)下の方調子はどうだっ!!(桐山「櫻井翔くん・・・?」)スタンド調子はどうだっ?アリーナ調子はどうだっ?大阪調子はどうだっ!!!あー俺らはもう準備できてっぞ!!!(淳太「やりすぎや。(笑)」)…いぇあー…じゃあちょっと櫻井くん…にちょっとあやかって…ちょっと一緒に歌ってもらっていいですか?(メンバー「いいよ~!」「なに~?」)この歌に乗せていきますよ~。僕と一緒のこと言ってください!“Hey!Let’sGo!Let’sGo!Let’sGo!Say、ジャニスト!(ジャニストー!)ジャニストー!(ジャニストー!)Say、ジャニストー!(ジャニストー!)ジャニストー!(ジャニストー!)もっと、ジャニストー!(ジャニストー!)ジャニストー!(ジャニストー!)ジャニストー!(ジャニストー!)…Screeeeeeeeeeam―――!!!オッケー、ジャニーズWESTラッキィィィィィィィ7!Let’s Started!!!!!」


※ニュアンスです。翔君の真似は高クオリティだけど、英語がしっかりしてないからところどころ表現できない部分があります(笑)きっとこう言いたいんだろうな、言ってるつもりなんだろうな、で書いてます。





重岡「かっこいー。かっこいー。やりずらー。…どうも、重岡大毅ですぅー!(ちょっと上ずりハスキーボイスかわいい。)いやー…今日は…楽しんでいきましょか。…楽しんでいきましょう!やりますかっ!…いらっしゃいませぇええ~!!(桐「違うやろ(笑)」)はぁ~~~い!(高音)(桐「いろいろ混じってるやん」)はぁ~~~~~い!!(高音)(桐「いろんな人混じってるやん(笑)」はぁ~~~~~~~~い!!!Let’s Screeeeeeeeam------!」

 


解説させて?(笑)

まず、「どうも、重岡大毅ですぅー!」の言い方が可愛すぎる件。笑いながらちょっと照れ混じりでちょっとピッチ高めのしげちゃん!!的確に伝えられないのがもどかしすぎる。んで、いらっしゃいませー!もテンション上がったけど、まさかのはぁーーーい!ね!!!誰得?私得!!!!でした(元大野担)はぁーい!のとき、片手上げながら左右に小走りしながら言ってて、(まさに本家大野さんの再現!!)よく見てるな~と!同時に嬉しくなった!!そしてなにより重岡くん、あなたかわいすぎます。おばさん立ってるので精一杯でした。





濱田「みなさんっ、僕が、そう…濱ちゃんですっ。本物の濱ちゃんです。麒麟の田村さんではございません。ジャニーズWEST濱田です。(観客の歓声に)おー!ちょっと待って、もっかい言って?ジャニーズWESTの濱田です!(いぇーーーーい!)うぉっ…すげっ。これ以上もう声出さんでもええ感じやん!だってこれでもう…いぇっ!!!(いぇーい!!)うぉっ…いぇっ!!!(いぇーい!!)おっ…おー…いぇっ!!!(いぇーい!!)いーよ、声出さんで…いぇっ!!(いぇーい!!)(桐山「出させてるやん(笑)」)いぇ!(いぇーい!!)気持ち~これがジャニーズか~。いいねぇ…みんなそのバナナ買おてきたの~?おさるさんになるわけやね~今日は。じゃあ俺が今日も一日楽しもうぜーゆうたらぁー、そうやんな~、今日は…こうして!楽しもうぜーゆうたら、………(サルの変顔)(桐山「あぁ(笑)声じゃないんですか」)声出したらあかんで。大丈夫―?いけるかー?やってみよー!…みんな今日は楽しもうぜー!!(…………………………………)(桐山爆笑、淳太くん「シュールやね~」)盛り上がっていきましょう!!(桐山「逃げるな!」)」

 

 


淳太「へい、じゃすみーん!!やっと会えたねー!!会いたかったよー!!みんなは会いたかった~?会いたかった~??いいねぇ。そう、わた…しが…噛んだ!わたくしが、ジャニスト王国の国王、中間淳太だ!さあ、ジャスの民たちよ、今日は我が輩から楽しいプレゼントをお年玉としてさずけよう!精一杯楽しんでけ!さ、そして、みな気をつけろ!俺今日みんなのこと狩っちゃうからな~!最後までよろしく!」




桐山「あの人は~正月ボケですかね?えっへっへっへっへ(笑)…行こうぜっ!(マイクを下手から360度回していく。いぇーいのウェーブ。)あきとでーす!!!!え~、会いたかった~?会いたかった?俺らもっと会いたかったよ!今日は一万二千人全員俺たち…みんなで幸せにするから覚悟しとけよ。(まつもとじゅんくん?)その調子で最後までいこうぜー。じゃあそろそろ次のコーナーいってみようかー!声出す準備できてっか!おーけー、じゃあまずはこいつらに歌っていただこうぜぃ、かもん!」





【Terrible】
ツインのユニット曲。メインステに赤小瀧と白流星。サングラス。背格好も一緒な二人がほどよい距離で各々ダンスする姿が本当にかっこいい。絡むところも少ないんだけどわたし的にそこも見所ポイントだと思ってる。真のシンメ(真のシンメってなによw)は不必要なコンタクトはいらないと思ってみているから、ツインにもいらないなって。しっかりしたパフォーマンスで圧巻。サングラス取ると、顔の薄さ引き立つけど、ツインはサングラス外してもその絶望感が全くない!!サングラス外してもなおかっこいいのはツインだからだなって思って。花道を歩くツインはモデルのファンションショー的な圧巻さがあった。とにかく圧巻。ツイン担でもないのに胸あつすぎて、これは文句なしの勝訴!!!
雑談だけど、Terrible始まる前の前奏?に使われてた音楽、Smartのアクセントダンスのやぶひかのスカーフのところの音楽と一緒だったことが胸熱だった!個人的にツインは西のやぶひかだと思って見ているので、余計に嬉しかったです。以上、余談でした。

 



【迷宮SUMMER】
青の衣装。濱ちゃんがバクステ側(バクステっていうほどのステージの大きさはないけどその位置)にあらわれる!ソロパートごとに各々散らばったメンバーにスポットライト当たる感じで登場。重岡くんは上手スタンドH前の位置。



【PARTY MANIACS】
センステに集まる。センステ上がる。重岡くん、桐山氏とすれ違うときにアイコンタクトしててすれ違ったあとに伏し目でニコッと微笑んでたのが爆発的にかっこよかった!!!そしてサビの小瀧とシンメになるところで、小瀧の方見ながら位置のバランス修正してた重岡くんがプロで感動した…。本当にかっこよかったパリマニ、最高。

 


【君へのメロディー】
リフト曲。重岡くんはバクステ側(スタンドD前)。もろ背中だったけど背中すらも愛おしいと思えるくらい全身で歌っていた重岡くん。

 



【モンキー7映像】
「あなたは知っているだろうか、十年に一度、猿一族が引き起こす不可能を可能にする…。そんな伝説を持つミラクルモンキーエイジェントが現れることが…。その7匹のモンキーとは…」

 


重岡モンキー
「コードネーム“スマイル”!何があろうと決して笑顔を崩さない!スマイル全開エージェント!!しげおかモンキー!!(笑)」

 

 

桐山モンキー
「(太ってる人の声真似で)コードネーム、“ポチャ”!とにかくボリューム満点!弾力たっぷりのボディーでミッションを遂行するエージェント!!きりやまモンキー!!」

 

 

中間モンキー
「(落ち着いたトーンで)コードネーム“セレブ“。Celerity&Gorgeous。華麗にミッションを遂行するエージェント。なかまモンキー。」

 

 

神山モンキー
「(優しい声で)コードネーム“マミー”。その溢れる愛はまさに、おかん。無限の愛でメンバーを包み込む世話好きエージェント。かみやまモンキー。」

 

 

藤井モンキー
「(低めのイケメンボイスで)コードネーム、“エナジー”。I love エナジードリンクエナジードリンクがあれば動きキレッキレ。ふじいモンキー!」

 

 

濱田モンキー
「コードネーム、“ノーショルダー”。肩にはまらん男、No.1!俺にかかればどんなミッションも形(肩)無しやで。はまだモンキー!」

 

 

小瀧モンキー
「コードネーム“BB”!I am BigBaby!持ち前の可愛さで甘えることが得意なエージェント。こたきモンキー!」

 

 

「不可能を可能にする7匹のミラクルモンキーエージェントそれが…モンキィィィィィィィ7!!これは7匹のモンキーエージェントが全国各地を回りながら不可能を可能にするミッションに挑む物語である。」

 

 

パリピポくん「まいど!モンキィィィィィィィ7の諸君。ども、パリピポくんでーす。君たちにはこれから不可能を可能にするミッションにチャレンジしてもらう!たくさん成功すれば、とんでもないご褒美が待ってるでー!どんな困難なミッションも7匹の力をひとつにすればきっと乗り越えられるはず!奇跡を起こす、7つのパワー。そう、お前らの7powersを見せてくれ!頼んだでー!」

 

 

【Seven Powers】
7色のおさるさんの着ぐるみ着て出てくる。本物のバナナ持ってる。一列に並んで外周一周する!最後はメインステ。神山モンキーバナナむしゃむしゃ食べる。(笑)それみて重岡モンキー笑ってる、かみしげの世界!!

 

 

中間モンキー(以下中)「いぇー!みんな元気―?(客:いぇーい!)違う違う、“いぇーい!”じゃないでしょ。ここは“キー!”でしょ?もっかいいくよ~!みんな元気~?(客:キー!)みんな元気~?(客:キー!)アリーナ元気~?(キー!)スタンド元気~?(キー!)立ち見席元気~?(キー!)全体元気~?(キー!)もういっかい元気~?(キー!)みんな元気いいねぇー!じゃあ僕たちモンキー7はね、なな…12年に一度しかね、出れないからね、今回が初めてですよー。」
桐「そういうことっ!」
中「そう。しかも今回、ミッションに挑戦して、たくさん成功したらとんでもないご褒美がもらえるらしいということで。そのご褒美ここで発表しちゃいましょう!」
濱「いこ!」
中「ご褒美、こちらです!25公演中20回成功でファンミーティングを開催しまーす!」
藤「なるほど!」
中「そうですよ。毎公演ミッション挑戦していくんですけども、全25公演中、20回成功したら無事にファンミーティングが開催されます!なので、みなさんぜひ応援してくださいね!ちなみにさっきの公演(1/3昼)は成功しました!」
桐「あと19!」
中「あと19回です。」
桐「ギリやねんな。」
重「でもさっきもギリギリやってんやー」
中「ギリギリやってん!」
濱「ぎりぎりや」
中「だからほんまにみんなの応援が必要になってくるからちゃんと応援してくださいね!よし!ほんじゃ、行くよ…」


メインステからミッション用意されてるセンステに移動。神ちゃん、バナナの皮のやり場に困って、きょろきょろ。アリーナに投げようとする(笑)


桐「みどりさん、みどりさんみどりさん!!食べたゴミを人にあげるっていうのはやめましょう。」
望「こら!それバナナの皮!」
桐「癒し系さんよ!」
中「さ、みんなミッション挑戦するから!今日も頑張っていきましょう!」
桐「でもあれやんなぁー…」

パ「まいど!パリピポくんでーす。モンキィィィィィィィ7の諸君、調子はどうよ。モンキィィィィィィィ7の諸君、今回君たちに下す試練はこれよ!」


ジャンッ!


重「巨大ローリングバーをジャンプして避けろ!」


(私たち:…ゼ、ゼウス?)


パ「ちなみに今回のミッションを見事クリアすれば、会場のお客さんへメンバー全員のサインボールをプレゼントするでー!」

重「全員の名前なん入ってるん…」濱「やばい!!!」

パ「失敗したら恥ずかしーい罰ゲームを執行するから頑張るんやで!うぃ、じゃあね!ばいばーい」

中「さ、というわけで今回の公演で成功したら、オレンジモンキーが持ってる、メンバー全員の名前が入ったサインボールを皆さんにプレゼントします!けど失敗したら、ポイントも貰われへんし、罰ゲームもしなあかんからね。しっかりと頑張ってください。」
メンバー:ウッキー!はーい!
中「さ、今回のゲームのルールをおさらいします!巨大ローリングバーをジャンプして避けます。バーの回転スピードは時間が経つごとにスピードアップします。1分30秒後に4人残っていればミッション達成です!(重;いぇあ)チャンスは2回です!(重;2回~)わかりましたか?(はーい!)4人残ればいいからね!」
桐「これだいぶね~あの…しんどいねんなぁ。」
中「これさっきの公演もやったんですけど、めちゃめちゃしんどいです。ギリッギリやってぇ。」
桐「でも一回一回が大事やから、みなさんも応援してください。」
メンバー「よろしくおねがいしまーす」
中「ではステージいきましょう!」


メインステージからセンターステージに移動。


重「誰から?」
桐「ポチャからや」
メンバー「ポチャ(笑)」
濱「よっしゃー!」
桐「こんなに走ったら痩せてまう~」
望「痩せなさいっ!」
桐「いたっ(こける)」
濱「はははは(笑)」
中「なんで~?」
望「やばいやん」
重「幸先不安やわ~」
桐「痩せたわ~」
中「ちょ、これほんとみなさん応援してくださいね!」
濱「ちょっとこれほんとまじでやばいやん」
中「ここで最初でポイント稼げばあと楽がなってくるから」
濱「了解!」
望「流星怠けとるんそれ。怠けたすぎるやろそれ。」
中「僕たちのことサポートしてください!」
重「おねがいしまーす」濱「おねがいしやす!」
桐「1分半やんね。」
中「1分半!7人中、4人ね!落ちないように頑張ってください!」
濱「これいっかいきりー?もう一回失敗したら終わり?」
中「二回挑戦!」
濱「おっけー」
?「聞いとけ」
中「よし!ほなビックベビー!乗りましょか。」
望「待って!」
?「ビックベビービックベビー(変な声)」
桐「これなぁ~ここだけでもほんましんどいねん映らんかなぁー」
中「これみんなもほんま応援してくださいよ」
桐「映らんかなぁー」
中「それではいきますよー!巨大ローリングバースタート!!!!」



BGMセブンパワーズ



濱ちゃん落ち、淳太くん落ち、しげ落ち、
最後に桐山がバーを止めて、、、、



重「アウトアウトアウトアウトアウト!!!」

中「終了―――――――!!!」

桐「えーーーーーーー!」
望「ちょっとなにやってんねん!」
中「ポチャの体重で支えてる!」
桐「違う違う違う」
神「えーーーーーーー」
桐「おかしない?止まったやんなー!真鳥!なぁ!俺が飛ぼうとした時に止まりよったやん」
重「そういうのもあるってことちゃうか」
中「そういうフェイントもあるのね」
神「中間モンキー落ち方ひどーーー」
流「そんなフェイントあり?」
中「だって、運動神経のいい濱田モンキーも一発目で落ちたからね」
重「これちょっとむずいねん」
桐「濱田モンキー大丈夫???(笑)」
中「ちょっとやばいよ!」
桐「もう一回チャンスあるから!」
神「次こそ!」
中「次こそ飛びましょ」
濱「ほんま落ちんの早すぎたわ」
中「ほな、スタンバイ行きますか。」
桐「ていうかさー(笑)しげのこけ方も結構相当すごかったよ」
重「いや~これちょっとむずいね~」
桐「足持ってかれてすてーんいってたよ」
中「これさっきの公演やってんけど、俺ら飛ぶ瞬間にジャンプ!ってゆうて。」
桐「あ!そうそう!そしたら俺らいけんねん」
中「おっけ?」
桐「みんなでひとつになろ!」
中「これファンミーティングかかってるからね!」
濱「ほんまや!」
桐「ファンミーティングしたいよな!」
神「ちょっと頑張ろう!次こそ!」
望「リチャードレッサーパンダの被り物鬼似合ってない。」


リチャカメラに抜かれる。会場爆笑。


望「お前ほんま似合ってへん」
桐「レッサーパンダに謝れや」

中「よし!じゃあラスト一回みなさんひとつになりましょう!」
濱「ひとつになろう!」
桐「応援よろしくー!」
中「それではいきますよー!巨大ローリングバースタート!!!」



神山、重岡、桐山、中間が落ちて2回目も失敗。



桐「あはは!あはは!(笑)(淳太くん落ちるの見て爆笑)」

パ「残念ながらミッション失敗。ということで、君らには恥ずかしい罰ゲームにチャレンジしてもらう!君らに下す罰ゲームは、、、これや!」

中「メンバー同士で超ロマンチックなラブシーンをガチ演技―!!」

パ「とくに足を引っ張ったと思うふたりにおふざけなしのラブシーンを演じてもらう。ちょっとでもふざけたらやり直しやでー。」

桐「シチュエーションは?シチュエーションは?」
中「三角関係に揺れる同級生の女の子。壁ドンして「何ほかの男ばっかりみてんの。お前は俺のことだけ見てればいいんだよ。」
桐「うっわ。さっぶ!さっぶ!」
濱「さむいなーこれは。」
重「中島健人…」
桐「これ誰がやるんやろな。ちょ、ホンマに嫌や。これは。」
重「足引っ張ったやつや」
桐「神ちゃん濱ちゃん…」
神「照史ちゃう?」

パ「桐山。濱田。じゃ、あとはよろしく~」

桐「ちょっと待ってー!」
中「これガチ演技やで。」
桐「緑やろ!」
神「ちゃうよ!!!」
重「いいね」
流「あれやで。笑いなしやで。」
中「笑いとったらやり直しやで」
流「ほんまに」
中「本気やで」 
流「ガチでやってや」
濱「まじかよ!」
重「見てるのもはずかし・・・」
中「俺らもちゃんとみとくからさ。」



センステ中央にきりはま。ほかのメンバー横花にちらばる。



桐「ジャニーズWESTのお笑い担当の二人ががちでやるってめっちゃ恥ずかしいやん。」
望「いやもうーふたりともすごい!」
中「三銃士と朝ドラ俳優ですからね。」
濱「そうです」
中「これはみものですよ。…おけーできる?」
桐「ちょっと待ってや。」
中「確認してや」
桐「濱ちゃん男の子いってな。」
重「…いや、自ら進んで女の子いくんや」
桐「心は女の子や」
中「違う違う」
重「こわいこわい」
?「あいつこえーよ!!!」

中「行きますか!行ける?濱田モンキー。」
濱「行けるぜ、俺は。モンキーはいけるぜ。」
重「はまちゃんめっちゃかっこつけて!」

中「それでは行きます!濱田モンキー桐山モンキーで愛の告白です!どうぞ!」



濱「何怒ってんだよ」
桐「だって…淳子ばっか見てるもん!」
濱「え?違うやろ。お前が見てんねや。淳太ばっか見てたんか…ふっ…(笑)お前が淳太ばっかり見てたんやろ?」
桐「そんなことないー」
濱「なんでお前が怒ってんの!俺が怒るとこやろ、そこは。」
桐「ちょっとみだだけやん。」
濱「はぁ~?別にいいけど!ちょっと見ただけやからって。」
桐「なにプンプンしてんの?」
濱「別にしてへんわ。」
桐「なにー。」
濱「なにってなんや。なんでこんな喧嘩にならなあかんの?おかしいやろ。」
桐「淳太くんやったらそんなプンプンしいひん!」
濱「知らんし!淳太のことなんか。そんな淳太のことみたいんやったら…(だんだん声がちいさくなる&かみかみ)じゅんた…のことみとったらええやん…。」
桐「なんでそんなん言うんー…(泣)」
濱「泣くな!!!ピーピーピーピー泣きやがって。ほんまお前は…ほんまにー…お前はな!他の男ばっか見てんちゃうねん!(「壁ドン壁ドン…」)俺のこと…(「壁ドン壁ドン」)ふふっ…(笑)お前はさー!!!もーむかつくー!!!(はよ言えや。)おい!!!桐子!!!」
桐「なにー!!」
濱「桐子!!」

壁ドン!!!!!!

桐「おうっっっっ・・・・」
濱「俺のと・・・こと・・・だけ見どけば・・・(笑)」

 


爆笑wwwwwwwwwww

 


※ちょっと余談。
重岡くんは下手側の横花階段横に座って見てるんだけど、モニターみて終始にやにや。タオルを口にあててにやにやして、にやにや堪えれなくなっては座り直したり伏せたり顔拭いたりして落ち着かない。(笑)最終的には階段に寝そべってステージ上を家化してた!かわいい!

 



重「これはあかん・・・」流「うそやろ~」
神「大事なとこ~!」
望「これはないわ」
流「一番かんだらあかんとこ」

桐「大丈夫大丈夫、ドキッとしたよ!」
重「こわいー(笑)」
?「これはひどかった」
重「ちょっと待って、はまちゃんさー(笑)、何回噛むの(笑)」
中「どう?緊張した?」
濱「緊張した!なんかー・・・やっぱ苦手。」
望「でも良かったと思うよ。」
桐「何がいやって、ここに関西ジュニアがいるのが一番いや!」
中「完全に見られるからね。」
濱「何回も丈一郎と目が合うねんー。」
桐「ねーこれボスどうでしたー?」
パ「しょー、もな。」
?「だろうな。」
パ「次は罰ゲームうけへんように頑張るんやで!」
メンバー「はーい!」
重「くそ、一回ミスってもうたでー。」
?「ちきしょー。」
パ「さて諸君。引き続きこの会場のお客さんを楽しませるんやで!頼むでー!」
メンバー「はーい!」
濱「これはね、これはもうやばい!」
重「あれまじでぶっ飛ぶな~?」
桐「これやばいな」
中「難しいな、このゲーム」
濱「ちょっとほんまに罰ゲームもうぜっっっったいせんとこ。」
中「一勝一敗ですからね。今んとこ。」

?「着替える?」
桐「着替えましょうか!生着替えをお見せしましょう。」



猿の着ぐるみ脱皮。重岡くんは上手横花進んだところの外周で脱皮!
白地に自画像散らばった衣装!しげの衣装、ありえないくらいいけめんなんだけど、下半身の前と後ろに布掛かっててちょうどしげおかのしげおかとけつ隠すような感じのデザインで笑った。しかもそこに大きな重岡の顔がプリントされてるんだけど、くそいけめんなんだけど…どうにも変な想像しかできなくて…(笑)ねえ、重岡くん狙ってるしょ!!!!!!!!!←



桐「いや~これでもさ~恥ずかしい罰ゲームも嫌やしさー」
神「せやなー!」
望「だってあと三回しかミスできんちゃうの?」
神「あと四回!」
中「あと四回しかできへんのか」
濱「うそやろ」
神「23回中、あと4回。」
濱「やばい、やばいっすねー」
中「ちょサインボールごめんなみんな。」
桐「でも逆にすごいもん見れたで!」
重「まぁまぁまぁ(笑)」
望「誰かセカイチャンピオンなったん?」
メンバー「え?」「え?」
中「違う、神ちゃんのチャンピオンベルトじゃないよ、それ」
神「違う違う違う、チャンピオンベルトじゃない(笑)」
桐「井岡一翔くんに勝った?」
神「勝ってない!!!!」
中「女子プロじゃないよ。」
神「誰が女子プロや!」
中「パリピポくんもゆってたけど、みんなのこと盛り上げなあかんから。とりあえずみんな散らばろ!適当に。」
神「はい!」
重「適当に…(笑)」
桐「いまが一番お客さんの声聞こえる!」
中「元気なとこいこうかな」
濱「こっちすごいぞ!(上手メイン横らへん)こっちのほうがすごいよなー!」
望「なんかバナナが揺れてるってみたことない光景やな」
重「バナナ揺れてるん?」
濱「いいねいいねー!じゃあな、パリピポくんもゆってたとおり、」
流「バナナ揺れすぎやろ。」
濱「ちょっとこの会場をハッピーな気持ちにさせたいと思いまーす!いいですかみなさーん!ミュージックスタートゥ!」

 

 

【バリ ハピ】
サビっていうかワンフレーズだけ!

 

 

【P&P】
サビのみ!外周歩く。

 

 

【青春ウォーーーー!】
濱田・神山・流星がリフター。
1・2ブロ間のアリトロメインから仲間、バクステ側から小瀧。
3・4ブロ間はメインから重岡、バクステ側から桐山。
まず、淳太くんに3人で「お年玉ちょうだいっ!」ってカンペみせたらじーっと見て、ほいっ!って表現がぴったりの優しい投げ方でお年玉くれたのが今年初のファンサ!!盛り上がった!!

 


【OleOleCarnival!】
外周をぐるーっと!

 


【浪速一等賞!】
動線がわっかりませーん。(何を見てたんだろう。)

 


【アカンLOVE~純情やで~】
センステで。ハートのサングラスあり!センステぐるぐる回る!振り付けもパリピポのまま!

 


【パリピポアンセム】
1・2ブロ間を濱ちゃんとしげが同じトロッコに乗ってくる!1部のレポをあまりみてなかったゆえに重岡くんトロッコ乗るなんて情報皆無…。しかもある程度のトロッコ動線は把握してるつもりで、1・2間は重岡くんこない!はい終了!って感じだったから久々に心臓バックンバックンした。(笑)でもいつものしげだろうな~近くで見れるラッキー!としか思ってなくて。一応メッセージカンペ持って待機。タイミングよく重岡くん2ブロの方を向いていらっしゃる、またもやラッキーってことで至近距離の重岡くんにロックオン!してたら、重岡くんこっち見てカンペ見てもうこの上ないくらいのだいっっっっっきゃんスマイルで重岡くんの顔崩れちゃうんじゃないかってくらいの(←表現w)溢れてしまいそうなスマイルだけで失神しそうなのに、プラス手首がもぎれてしまうんでないかと心配になるくらいにお手振りブンブンしてくださって…。放心過ぎてうちわ投げた(←)。私の安定のお隣、ツインの二人も「今のやばい!」って言ってくれて、心も体も何もかも満たされた…。幸せ溢れる個人的思い出を作ってくださった重岡くんには感謝感謝でなりません!一生見てすらもらえないと思っていたので、びっくりすぎて言葉が出ません。この一生に一度の貴重すぎる思い出を胸にこれからの公演、強く生きたいと思います!(宣言)ありがとうございました!!!(土下寝)

 

 


【MC】
桐「大阪イェーイ!!!!もっともっとイェーイ!!!あけおめ!!!ことよろっ!!!改めましてジャニーズWESTでーす!!!」
中「それではみなさん一度、お席の合にお座りください。」
ジャニーズWEST参上!いぇす!」
桐「なんか、この回すごい盛り上がってるね?」
中「盛り上がるね!」
桐「声がすごいよ」
中「すごいみんないいよ」
?「立ち見席もちゃんとな、ありがとうな」
中「たのしいねー」
濱「たのしいですわー」
中「僕らでやったのはパリピポツアー以来ですか?」
神「そうですねー」
桐「だいぶ空いたんやね」
重「え、一年くらい空いたの?」
望「一年は空いてないけどー」
神「半年はあいた」
桐「半年はいってるね!」
望「あーそんなあいたかー。だってめっちゃ久々な気すんもん」
濱「やったーやっと会えたー」
中「やっと会えたね。しかも新年からやからね、今回は。」
桐「そうやんな~」
重「しかもアリーナツアーでっせ!ありがとうみんな!初ですよ!」
中「新潟とか仙台とかも初めてやもんな?」
桐「なのにさー追加公演とかもしていただいてるでしょ?本当にありがとうございます!」
濱「あたっす!!!!!!(ありがとうございます!!!)」
アンジャッシュ!!!!」
アンジャッシュ!!!!」「アンジャッシュ!!!」「アンジャッシュ!!!」

(ひとり言い始めたらどんどん調子乗って乗っかるWESTすき(笑)そして誰もつっこまないあたり安定(笑))


流「こういうのがどんどん拡大していったらいいね」
中「ほんまに」
流「いろんな地方にさ、いけたらさ、」
重「ほんまに。うわーこれなんかおもしいなぁー着々といけてますなぁ。」
神「ほんとありがたいですよ」
全「ありがとうございます!」


桐「グッズもさー今までこてとかマイクやったやん。でさ、今回バナナで棒状やん。スティック状やん。踊ってくれたらめっちゃわかるな!」
中「すごいよ」
桐「ええじゃないかとかブンブンみえるから。ありがと!」
望「さるの宴、さるちゃう、バナナの宴みたいや」
中「さるの宴…」
望「ちょっと間違っただけやんかー!あのお兄さん嫌いなんですけどー!」
重「おまえはいつも…お前はいつも…いいやつだから大丈夫だ」
中「今回のグッズは照史がデザインしてくれて。すごいよ」
桐「ありがとうございます。カバンも可愛いなー!おさるさんイメージしてるんですよっ?」
中「これなんかいいよな、毎回恒例にしたいよね、年明け」
桐「したい!」
中「次とりか!」
桐「もう考えてますよ!きりやまー。」
神「お!!!!!」
濱「えー!!!!!」
桐「次のペンライトめっちゃかわいいと思う。」
神「めっちゃはやない?」
桐「ま、採用されるかどうかは知りませんけども。」
望「や、するでしょ。」
重「明日発表しよ!」
桐「何でやねん!(笑)」
神「もう来年のやつ考えてんのー?年明けたばっかやで」
望「酉やったらタイトルどうなんねん」
中「なんやろな、、、ファン!ファン!ファンドリー!」
桐「あはははは!(笑)」
望「斬新(笑)」
桐「CMのやつやん!きれいなるやつやん」
中「でも面白いタイトルでできそうやな」

桐「パンフレットとか見たー?メンバーめっちゃ盛れてない?」
重「え、俺見てない」
桐「え、見いって!惚れるで!」
重「誰に?」
桐「え、誰に?(笑)」
中「なんか海賊の格好とかしたやん。リムジンとか。」
望「神ちゃんが格好つけすぎて可愛いやつあるよな~」
流「ある!」
神「なにそれ!!!」
流「ある!!」
神「え、ぶりぶり?」
望「え、知らん?ちょっと俺の顔抜けます?」
神「え、ちょっと待って・・え…なぁに…」
望「海賊のパンフのページ。」
桐「抜いてる抜いてる」

小瀧神ちゃんポーズ&表情真似(笑)メンバー爆笑。

流「あったあった(笑)」
重「なにそれなにそれ」
流「ちゃうちゃうあれ、あれでしょあれでしょ!そのページとかじゃなくて、あのみんなで映ってるページの神ちゃんでしょ?」
望「そう、集合写真の」
神「え!そんなんあった~????」
望「あったよ!」
重「見てないな~」
神「あった~!?!?」
望「あとで探してみて!」
重「おれパンフレットないんやけど…(ぼそ」
流「かっこつけすぎてかわいいねん」
神「はっはっ、やめてくれ~」
桐「めっちゃかっこええわ~」
望「ちっちゃい韓流スターやもん」
神「ちっちゃい…(笑)誰がちっちゃいや!ちっちゃいいらないわ。ちっちゃいはいらんでええと思う。」
重「えーそうなんや~」
桐「なんかバナナ食ってたりとかさ、色々やってますもんね?」
神「そうやね~」
桐「あとチョキィィィィィィィん箱とかね!」
中「あーそうね!」
桐「チョキィィィィィィん箱ね!」
流「メッセージ書いてるやつ?」
濱「そうそうそう!」
桐「あれ濱ちゃん案やからね!」
濱「そうです!私が担当しました―。」
望「はまちゃんてさ、毎回さ、グッズのー、打ち合わせする時あるやん。あんときにさ、これだけは!!みたいなやつひとつ決めてこーへん?」
濱「うん」
神「あーあるねある。」
望「これだけは俺いいと思うねんけど!…ってゆーねんけど、たいがい今まで2回とも却下されてる(笑)今回やっと採用されてんな~!」
濱「されたー!」
桐「あれ、今まで何だしてん?」
望「フード付きタオル。」
重「なんかおはし…おはしとかゆってなかったっけ?」
濱「おはしもゆった!」
神「フード付きタオルと~おはしか~あとごしごしタオルとか」
桐「メンバーの顔書いてあるごしごしタオルとか嫌やろ。ずっとこんなん顔なってんで」
濱「なんかよーわからんけど、なんかそんなんあったらいいなっていう」
重「なんかあっとおもろいもんあったらええけどなぁ~」
濱「おもろいのな!」
桐「フードつきはなーなんかさー俺らがさーのちのちなぁ、なんか、もっとさ、屋根ないとこでできたりとかさ」
濱「そうやんな!」
流「あれ、あれフード付きー…濱ちゃんがゆったんってさ、パリピポのときやったんやっけ?」
濱「パリピポのときー」
流「あれって時期いつやったっけ?」
濱「あれはー」
中「春かな?」
流「春か。」
濱「だから、被って!パリピポくん…」
重「遅かってん」
全「あーなるほどー」
望「かわいい~かわいいよな~」
濱「めっちゃいいやん!と思ったけど、ちょっと間に合わなかってん」
望「あれ結構時間かかんねん」
流「あれつくるのに2~3ヵ月かかる」
濱「まぁまぁ!もっともっと!ええの出していきますからね!」
中「そやね!」
望「お願いしますよ!」
濱「がんばろ!!!」
望「変わらずのアイデアマンってことですから!」
濱「おいっす~~~~~!!!」



中「今回思ったけどさ~男性のお客さんめっちゃ増えてない?」
桐「めっちゃ増えてる!」
流「ジャスメン、ジャスメンどこなん?」
中「いっぱいおるで!ほんまに!各フロアに最低1人はいる」
おーーーーーー!!(下手側最前にいる男性が叫んでる)
桐「え、ちょっと待って!」
いぇーーーーーーーーーい!!!!
桐「え、なに???」
望「めっちゃ太い声で」
桐「ちょ、もっかいゆって!!!」
しーーーーーーーーん。
望「言わんの?(笑)」
桐「声出さんのかい!!!(笑)」
重「注目されたら…(笑)」
桐「今まで「照史―――!」ゆうてたのに声出して―!ゆうたら「・・・・・」」
望「出せや!!!(笑)」
流「恥ずかしい」
桐「何処から来てくれたんですか?静岡県!」
神「遠いとこから!」
濱「しずおかぁ~????」
望「実家でゆっくりしときいな~もう」
桐「ちょっとまって(笑)ええやんけ!!!」
重「嬉しいな~ほんま~」
中「いろんな方に愛されてほんまうれしいよな~」
望「なんか全国各地にファンが増えてきた…っていうことか」
メンバー爆笑wwwwww
中「なにしみじみ(笑)」
重「なんや!いまのお前(笑)心の中でゆっときや」



桐「(何か思い出したかのように)あ(笑)な、な、話全然変わっていい?(笑)」
中「いいよ、全然いいよ。」
桐「さっきさー、濱ちゃんのお父さんと濱ちゃんの甥っ子ちゃんが来てくれてたんだよね?そう来てくれててん。んで、濱ちゃんのお父さんから、俺お年玉もらったの。で、分厚かったの!…えぇ…こんなん貰われへんで。ほんまに分厚かったの!これぐらい。えぇ!と思って、ぱって開けたら、キットカットやってん(笑)で(笑)、しかも(笑)、そのキットカット1個やで!やのに、みんなで分けて食べてねって書いてあった(笑)」
重「ふたりや!分けて食べれてふたり!」
桐「めっちゃかわいい~」
濱「うちのおとんやることかわいいやろ~。あのおとんほんまに。それはMCでゆってもらいたいがためにやってるの。」
桐「あ、そーなん!(笑)」
濱「あいつこすいねん!ほんまに!」
望「あいつー!オヤジにあいつー!」
重「いっかい濱ちゃんサングラスを親父にあげてさー、親父なにしてたん?」
濱「なんか、なんかー。ハワイ行った時に、あのー、サングラス買うてきてほしい言われたから、とっておきの似合うやつ買ってきてあげた。それつけて、家の周り一周してん(笑)」
中「かわええやん!」
重「ぎゃははは(笑)」
濱「どうでもええ家の周り。これお宅の家の周り一周してきたけどめっちゃええわ!って」
望「確かにね、空の景色とかめっちゃ奇麗に見えるサングラスやねんな」
濱「そうそうそう。海の景色がすごくいい景色に見える」
重「嬉しいやんな~」


中「メンバーの両親とかめっちゃ濃い人ばっかやんな。さっきものんちゃんおかんと電話してたやん」
重「だって、はまちゃんとのんちゃんのおかん、なんかメールしてるやろ」
桐「あ、そーなん!メル友?」
濱「そうそうそう、メル友!」
流「何メールすんの?内容は?」
濱「内容?あのーおれがこう、ゲームのハートを送る。」
望「んで~、おかんゲームのハートのやつ濱ちゃんから来たら、「うちのたかひろからハート来た」って喜んでる。」
「かわいい~」
桐「望のオカンさっきも可愛かったやんな~。電話でな。あの~淳太くんが声かけて「え?何て?きこえへん!ってさ、ゆーたりして、で、俺が、「あっくんやでー!」ってゆうたら「ひゃっ!」ってゆって(笑)「あっくんや~!ひょ!」声変わったもん(笑)」


桐「しげのおかんもめっちゃおもろいもんなー」
望「しげのおかんおもろすぎるー!」
中「めっちゃおもろいやん」
流「変わってるよなー」
望「人間国宝やねん!めっっっっちゃおもろい!まじで」
重「にんげんこくほ~~」
流「お母さんにまつわる話、面白い話いっぱいあるやろ」
重「あったけ~そんなん」
流「あったやん!」
中「なんか映画館一人で行ったらしくてしげのおかんが。んで、その映画館に等身大のハルクとアイアンマンのなんていうの、置物が置いてあったやん。その真ん中でしげのおかんが仁王立ちしてて。それを俺たちにみせてきた。」
重「一人旅が好きでな」
重「そうそうそう。なんか~このまえなんか~、とにかくほんまこう…最近めっちゃ一人旅行ってて~。なんかさ~よう大学生がさ~あ~、一人旅いったらさー、なんか…価値観変わった。みたいな子おるやん。」
桐「おるおるおる。」
重「あんな感じやねん。」
メンバー会場爆笑(笑)
重「この前さー、普通に家で朝食でパン食べてたら、急にパンこうポンッて置いて、「やっぱ私フランス小麦が合ってるわ」とかゆうて」
中「めっちゃおもろい!」
桐「めっちゃいいやん!」
重「そう。あと…そうなんかね~、すきやねんなぁー」
中「おもしろいなー」
重「犬ぞりとか好きやねん。」
中「犬ぞりにハマったらしいなー」
桐「犬ぞり?あーはいはいはい。」
中「どこいったらあんの?」
重「いやーなんか…」
?「カナダ?」
重「いや、スウェ…スウェーデン?」
桐「それどこいったん?どこいったら犬ぞりできる?」
重「あ…あぁ…スウェーデン…かなぁ~…なんか行って~人と違うことするのが好きでさ、なんか趣味とか聞かれたら犬ぞりとか言う。」


メンバー笑いwwww


重「そんでいっかいおれスノボー行った時にさー「貸したわー」ゆうてニット帽貸し借りてんけど、たぶんそれ着て犬ぞりしたやんか~。めっちゃ犬くさい。」
桐「あっはっはっはっ!!!(笑)」
中「変わってんねんな~」


桐「神ちゃんのお母さんとかどんな人なの?…まあ会ってるけどなー」
重「髪の毛真っ黒!」
神「髪の毛~?」
望「頻繁に変えたりすんのー?」
神「いやー全然変えない茶色やで」
桐「一回楽屋来てくれたよね」
神「あ!!!」
中「なにわ侍で~」
神「あ~」
桐「もう号泣!!!や」
中「デビュー発表したときあるじゃない。そのときに神ちゃんのお母さん来てくれて。」
流「きたきたー!」
中「号泣しながら」
桐「うぅぅぅぅぅーおめでとぉぉぉぉーって。」
重「あっはっはっは(笑)」
?「嬉しいよな~」
桐「それみてこっちも泣きそうやったんな~」
神「もうフツーのおかんですよっ」
流「優しいお母さんやで」


中「なんかさー俺らもメンバーやけど今後さー自分たちの子どもとか生まれたら仲良くしてほしいよな、子ども同士で。」
神「それはもちろんそやねー」
望「そうやんな~」
重「淳太の子どもとかいじり倒すやろな」
中「やめてやー。」
桐「めっちゃいじってそう!」
中「俺はええけど子どもいじめたらほんましばくぞ!」
重「あははは!おれの、おれの子どもけしかけるわ!」



桐「いやいや~でもな~ほんまに~なんか~いーーーーな。なんか年明けしたからこのー…ね、勢いのまんま行きたいね~!」
中「そうだね!」
桐「25公演中、ほんまに20回成功してファンミーティングほんまにやりたいしね~」
重「もちろんなぁ~ほんま今日しくってごめんね?ごめんな?」
中「でも絶対、絶対繋げるから!応援して下さい、お願いします!!!」


拍手。



中「ほな、そろそろ次行きますか。次はね、僕たちの可愛い後輩ちゃんたちが歌ってくれるので、みなさんぜひ一緒に盛りあがって下さい。」
神「お願いしまーす!」
中「じゃ、たちますか!」
重「頼むぞ~!」
桐「いやー後輩たちすごい頑張ってくれてて…」
重「彼らはもう頑張りすぎよ」
中「年末、松竹座やりながら自分たちでスタジオ借りてね、振り付けしてくれたんですよ」
望「新幹線の席用意されてんのに、新幹線の席座らんからな。」
神「デッキであの音楽プレーヤーで音楽聴いて、自主練してたんです。」
重「夜ファミレス行って漫才書いてな~?藤原。」
桐「忙しい人ですね。(笑)」
中「次のコーナーで歌う曲はこのライブのために作った曲らしいよ。ぜひ盛りあがって下さい!」
桐「振り付けも自分らでやったんやんな?」
全「そうそうそう」
中「真鳥とかがやってるから。だから注目してあげて下さい。ほな声出しましょうか!みなさん盛りあがれますか!盛りあがれますか!もっと盛りあがれますか!!おっけ、その調子で盛りあがって下さい!それではいってみましょう!関西ジャニーズジュニアー!」
神「レッツゴー!!!!」

 


※無駄にほぼ完レポしたので読むだけでかなり疲れる文章量になっていましました(笑)ごめんなさい。言葉だけで行動載せれてないので重岡くんの可愛いポイントだけまとめます!


 

その1!タオルをぶんぶんしながらゆらゆらしながらMCに参加する重岡くん。じっとしてられないのくそかわいい!小瀧がツッコまれて「あのお兄さん嫌い!」のくだりのとき、ずっとのんちゃんの方向いてなにか言いたそうにしてる重岡くん!近づいて「お前はいつもいいやつだから大丈夫だ」って言いながらのんちゃんの肩ポンポン。

 



その2!神ちゃんのパンフの話のとき。「俺知らん…」な重岡くん。終始ぼそぼそ喋るから誰もしげの言葉拾ってくれず!それでもなおぼそぼそ喋るからおばさんひとりで(キュンキュンの)ツボに入ってたよ!!!しかもしげちゃんパンフレット持ってないの!?(笑)もうかわいくてかわいくてパンフレットプレゼントしてあげたかった…。

 



その3!しげのオカン面白い話!言うまでもないけど、もう天下一品で可愛すぎたので、あえて私も言わせていただきます!小瀧のしげのオカンは「人間国宝やねん!」って発言をきいたしげちゃんのリアクションが「にんげんこくほーーー!」ってくっっっっっっそかわいい言い方してて萌え禿げた!!なんて伝えたらいいのかわからないけど、近いのは「なにわともあれほんまにありがとう」のコーナーでこけた時に「いってぇーいってぇー」って言ってるんだけど、その言い方をそのまま「にんげんこくほー!」に当ててもらうとやや再現出来てると思う!!

 


以上、MCでした!





【メンバー紹介】




【Master piece】

 



【ハピラキ】

 



【Lovely Xmas】
オルゴールに合わせて冬っぽい映像が流れる。メインステージゴンドラに乗ったかみしげ。上手側に神山。下手側に重岡。重岡くん、終始ニコニコしながら歌ってて。神ちゃんを見て目が合うと笑顔満開。本当に幸せそうな笑顔するからこっちまで幸せがあふれて仕方なくて、見てるだけで幸せくれる重岡くんが大好きでどうしようもない時間でした!!ゴンドラが降りてきて、かみしげ並んで花道歩いてセンステへ。しげによりかかる神ちゃん。(レポ読んでたら神ちゃんバランス崩してそれをしげが受けた?らしい!)
最後暗転してから重岡くんが階段降りてくところがちょうど見えたんだけど階段横のアリーナに向かって微笑みながら「ありがと。」的なことを口パクして去っていったのが本当にかっこよくて。この公演でみた重岡くんのなかでいっっっっっっちばんかっこ良かった。本当に本当にかっこよかった。ボキャ貧ゆえに的確にあのかっこよさをお伝えできないのがもどかしくて仕方ないのですが、、、本当にかっこよかったです。

 

 


【こんな曲つくりました】
きりはま!とにかくC&Rが楽しすぎる!リチャ以外の関ジュが女装してるのもかわいい(笑)リチャがイケメン役なのも面白い!メイン→後半センステ!

 

 


【3年7組神八先生】
バクステに神八先生!「はい、みなさんおはよう~」「はい、みなさんおはよう~」って十八番のモノマネ。
神八「さっきのね~、あの…こんな曲作りました。ってやつ。あの曲、楽しそうー…ね!ちょっと先生も言―…われてみたいんだけど…。いい?(会場:いぇーい!)なんやーかんやーどっちが好きなの?って言ってたと思う。そのあとにあのー…名前を言っていただけたら。なんやーかんやーどっちが好きなの?(会場:もちろん…△◎□?×…)バラバラだな。神八でお願いします。なんやーかんやーどっちが好きなの?(会場:もちろん、かみぱーちー!)ふふふふふっ(笑)気持ちいいやないか!いいなぁ、いいなぁ、アイドルってのは。そろそろ学校へ向かうとするか。」


バクステからセンステに向かって花道を歩く。
その途中、「神ちゃーんって呼んでるけど神ちゃんって誰や!神八と申します。神ちゃんってのはまた別の人間である!」「あら皆さんおしゃれしてきて~。ふふ~ん。みんなコンサートだからっておしゃれしてきたかい!…ふふふ。(笑)友達か!「そうやねーん!」って(笑)」とか言ったりしてた。



神八「3ねーん!7くみー!」
全員「神八先生―!!!」でセンステ横の階段からメンバー出てくる。
濱「おはようございます!」
桐「なんか気持ちよさそうに歌ってましたね!」
神「あぁー気持ちよかった~。あの歌はいいね!」
濱「よかったですね。」
神「じゃあそろそろ次の授業の方に行きましょうか。皆さん席についてくださいっ!」
濱「わかりました!」
重「今日もお願いします!」
中「女子座ってる先生―。」
望「先生、女子が座ってます!」
神「女子起立!」
望「女子が座ってるー!」
重「関係ないやん…(ぼそ」
桐「女子ちゃんとやってよ!」
望「うーわ!うーわ!女子座ってるっ!」
神「クラスに一人そういうやついるよな。次は笑顔をつなぐ円周率の歌を歌いたいと思います。皆さん一緒に歌いましょう!ミュージックスタート!」

 



【3.14】
学生帽に学ラン、黒縁丸めがね(BESTのださめがね)。出てきた瞬間「え、BEST?BESTだ!Hey!Say!BESTだよ、あれ!」と私たちの中で話題に(笑)。でもダサさではBEST負けてた!WESTさんのダサさは天下一品でした!くそダサい!!)算数のドリル(教科書?)持っての振り付け可愛かった!

 



【粉もん】
給食のお時間です!ってことで粉もん!重「腹減った!」が可愛かった!!オリジナル入ってたのは、桐「それがなにわの現実!人々はそんな知りません!」桐「たこ焼き食べて…賢くはなりません!!」名前呼ぶところは神八先生担当で「せーの!しーげ!のんちゃん!中間淳太!流星!はまちゃん!あきと!かみぱち!粉もん!」でした!

 



【ホルモン~関西に伝わりしダイヤモンド~】
学ラン前全開のさらし巻き。かっこいいの絶頂!!半被?の長い版みたいなの着てて、その表右に「I love ○○(肉の名前)」重岡→テッチャン。小瀧→ハラミ。流星→マルチョウ。濱田→ココロ。神山→タン。中間→コリコリ。桐山→ウルテ。好きな部位の名前なのかな~?私はコリコリが好き(笑)(余談すぎる。)光くんだったら牛タンにあやかってタン選ぶのかな~とか思考回路は脱線。(笑)振り付けにヲタ芸が入ってて会場全体全力のヲタ芸披露wwww楽しいしかっこいいしで踊って~双眼鏡で覗いて~また踊って~って忙しい一曲!ただひとつだけ残念でならないのが、「甘だればかりじゃ、ものだんねぇ!だから!!!」がカットされてたこと。2番だからあるかな~ないかな~って半信半疑だったけどいざないとなると悲しい。あの「甘だればかりじゃ」はとんでもなく甘い声なのに「ものたんねぇ!!」でヒートアップしてすっごい男らしくなって、、、からの極めつけに「だから!!!」でかっこいいが爆発するあのフレーズが重岡担としてはたまらないはずなんだけど、、、(泣)残念です。でもホルモンのかっこよさが異常なことには変わりありません!!

 

 


【TAMER】
淳太くんソロ。メインステのど真ん中。赤い衣装。途中からメンバーもダンサーとして出演。重岡くんは一番下手側。全員赤基調の衣装。踊ってる重岡くんのかっこよさが異常。ただただひたすらに踊ってる重岡くんって天然のかっこよさがあって!かっこつけてるわけじゃないのにかっこいい。作らなくてもかっこいいが溢れる重岡くんに魅了されまくりの時間。




【Eternal】
からのEternalはやばい。(言葉のボキャブラリーよ…。)かっこいい。気抜ける瞬間が一切なくて最初から最後まで全身全霊。息つく暇がない。むしろ息する暇ない。『愛が止められない 止めたくない』まさにこれです。みんな気をつけて、重岡の沼!!!

 



【ズンドコパラダイス】
Eternalからのズンドコ!付いていくのに必死!切り替え上手くできない!!でもWESTのみなさんズンズンドッコ~ズンズンドッコ~!ってどんどん進んでく~(泣笑)外周回る。

 



【マ・ル・モ・ウ・ケ】
濱「行きますよー!!!!!!」からマルモウケ!盛り上がる曲で締めてくれるのWESTらしいなって!さみしい気持ちかき消してくれて最後の最後まで楽しませてくれるWEST最高です!!重岡くんのセリフの一言一言がかっこよくて、うんうん!(涙目)うんうん!(涙目)という感じで(伝わらない)一言一言噛み締めながら聞き惚れていた。重「みなんさん一緒に!!!せーのっ!!!」「盛り上がれんのかー?」「俺ら次第やー!」が幸せと楽しいの絶頂!!金のトランプ?っぽい柄の金紙がセンス手回りにぶわーーーーって飛んでくる。とんでもない量の金紙が降ってくるもんだから視界が…!!



中「みなさん改めまして、今日はほんとにありがとうございました!みなさんのおかげで今日は最高の年明けを迎えることができました。えー、今年も僕たちのことよろしくお願いします!さ、そして!一緒に今日頑張ってくれたメンバーを紹介します!関西ジャニーズJr!!」

桐「ありがとうー!」
望「ありがとーう!」
中「今年もよろしくお願いします!」

 


桐「さ、というわけで本日は僕たちジャニーズWESTのためにこの大阪城ホールに集まっていただき、ほんとにありがとうございます!楽しかったー?ラッキーになれたー?それが一番嬉しいです。ありがとうございます。今年もみんなが喜んでくれるような、ラッキーになってもらえるようなそんな企画を用意しますんで、今年も2016年もよろしくお願いしまーす!!!また逢いましょう!ばいばーい!」

 

 

 

 


アンコール!

【ガッテンアセンム】
1部は上手から:桐山・濱田、下手から重岡・中間 がスタトロだったみたいなんだけど、2部は上手から重岡・中間、下手から小瀧・藤井…。ってことで私たち見事に該当せず!担当違いの3人がいながら3人ともスタトロチームでした。スタトロ重岡くんはキラッキラのだいっきゃんスマイル炸裂かついっぱいお手ふりしてて見ててほっこり!スタトロ最前の方々にハイタッチもしてあげるという優しさも炸裂してたんだけど、まさかの14列目の方でなく、13列の方々に屈んでハイタッチしてあげてた!ゆえに14列目からしたらガチのケツ(笑)普通はケツというか背中というかって感じだけどズボンがパンパンに張ったおケツしか見えなかったでしょう。それもある意味貴重な体験かもしれないけど(笑)傍観側としては重岡くんらしいな~と思ってみてました。でもスタトロ乗ってあんな生き生きしてる重岡くんってあまり見ないからほんと楽しそうな彼を見れて私は幸せだった!!

 



ジパング!おおきに大作戦】
なんといっても…桐山氏の撃ち抜き方が爆発的にかっこよくて3人で発狂した!アリトロの柵に両手かけて屈んだ状態で数秒見て…バンッ☛って素早く、手首のスナップが効いた感じの撃ち方!とんでもなくかっこよくてびびった…。

 

 

 

最後はメインステに集まって。重岡くんの挨拶!
「みなさん本日は本当に!ありがとうございましたー!!!!いやー2016年になりました!えー無事、えーラッキィィィィィィィ7!えーツアーですね、の、初日。えー無事幕を開けることができました!えーなんやゆうても!今日は初日です!!え、始まったばかりですけれども、えー4月くらいまでやります。怪我なく元気に僕たち一同頑張っていきますので、最後まで応援よろしくお願いします!お願いしまーす!!もう2016年は俺たちとみんなの年にしようぜ!!おっけー!?いい年にしようぜー!!オッケー!?明日も頑張ろうぜー!!明日も頑張ろうぜー!!!2016年は明るい年にしようぜー!!!っしゃあー!ほな、景気づけに一発いきますかー!…みんなもしてな?(この言い方がすっっっっっごく優しくてキュンが止まらない。)」

 

 

…………………………



 

重「ペッ」(カトちゃんペッのペッ。)



会場笑いwww




望「はよやれ。はよやれって。景気づけにやるんちゃうか、お前」
濱「おいおい!おれお前のそうゆーとこ結構好きやぞ~」
重「おう!」
桐「もう絶対すんなよ!」
中「絶対すんなよ!」
桐「次はちゃんとやれよ!」
流「初日で出る~?それ。」
重「景気づけな?いくよ!地声でいきます・・・・ペッ(自声)」
中「やれ。」
望「やれゆーてん」
神「おいー!」
流「おいー!」
桐「そんなんやってるからお前のオカン犬ぞりにハマるねん。」
中「そや!」
重「すまん、オカン!」
重「ちょ、まじでいくまじでいく!」
桐「いくぞ!!!」


重「俺たちがぁー!!!!!ジャニーズッッッッッ!!!!!!!」


全員「WEST―――――――――――――――――!!!!!!」


神「上の方もありがとーう!」
桐「朝ドラも見てねー!」
望「ちびっこサイコー!!」
流「ありがとーう!」
濱「せんきゅー!」
中「みんなー!2016年もだいすきーだぜー!!」

 



終了!




 

総括!

総括というかもう綴るものは十分綴りましたので満足です。頑張りました。

 見てるだけでロックオンできるだけで幸せになれる重岡くんに浸れた2時間ちょいは、本当に至福でした!重岡くんがそこにいてくれるのなら何もいらないよ!スタンスで毎回望んでいたうえすとのコンサートだったんですが、そんな彼からまさかのファンサを頂いてしまって、正直どうしていいのかわかりません(笑)というか本当に久々のファンサで、あの湧き上がる気持ちとかもひっさびさで、忘れかけていた気持ちが蘇ってしまった…(いいのか悪いのか…(笑))。

 私的にパリピポが抜群に楽しくて演出とかセトリとか全てが素晴らしくて、数々のコンサートに行かせてもらってるけどかなり上位にくるコンサートで、ある意味WESTらしくないな~と思ってしまうほど(もちろんいい意味で)完成されたものだったんだよね。もう愛おしくて愛おしくて今思い出しても胸が苦しくなるくらい好きなパリピポ。でも今回のラッキィィィィィィィ7はまずお金のかけるところからしてWESTらしくて笑ったし、コンサートのセトリもミッションも色々はちゃめちゃすぎてWESTらしいな~と思って見てた!Time goes byで刹那愛おしいラストだったパリピポにマルモウケで最後まで爆発的に楽しいで締まったラッキー7。どっちも好きだな~。どこまでも楽しませてくれるWESTのコンサートが大好きです。悔しいけど次回は3月。それまでひたすら懐古して復習して万全の状態で残りのラッキィィィィィィィィ7に備えたいと思います!たくさんの幸せと笑顔と元気をありがとうございました!!!

 

 

 

(完)